会員による刊行書籍のご紹介

 本会員による刊行書籍(単著・共著)を紹介します。
 なお、本HPからご購入いただけましたら、アマゾン・プログラムを通じ、代金の一部が紹介料として本学会の運営資金に充てられることになっています。ご購入にあたっては本HPをご利用頂けると幸いです。ご支援・協力の程、宜しくお願い申し上げます。
 会員刊行書籍の掲載に関してはこちらまで。
 E-mail: books●j-lpa.org
 *●を@に置き換えてご使用ください。

立法分権のすすめ ―地域の実情に即した課題解決へ、ぎょうせい(礒崎初仁 著)

 法制度をつくる権限(=「立法権」)は国が担い、自治体には国の法制度を執行する権限(=「行政権」)のみ与えられている、いわば「行政分権」にとどまっている現状、法令が「過剰・過密」なため、自治体の解釈運用の範囲も限定され、日々国から発出される通知行政により自治体現場は疲弊し、身動きがとれなくなっているのではないか。本書では「行政権」のみならず「立法権」が自治体で拡充されることで初めて自治体は、より地域特性に即した効率的な自治体運営が可能になるとして、自治体の立法権を拡大、条例委任の余地を拡大する「立法分権」を提案。折しもコロナ対策で自治体独自の裁量枠の拡充を求める声も聞かれるようになっている中、国と自治体がよりよい関係性を築き、よりよい住民サービスを維持していくための今後の在り方についての示唆に富む一冊。

エビデンスに基づく自治体政策入門:ロジックモデルの作り方・活かし方、公職研(佐藤徹編著)